<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

高圧ガス製造保安責任者とは?

高圧ガス製造保安責任者とは、高圧ガス製造所の保安を確保するための一定の専門知識を有し、保安監督をする者です。

このサイトでは、高圧ガス製造保安責任者試験に合格するために必要な「専門用語解説」を行っていきます。
余分な説明は省き、試験に出やすいポイントだけを簡潔にまとめていますので、覚えやすいと思います。

試験は記述式のため、用語を理解できないと白紙のまま提出することにならないとも限りません。
専門用語の意味を答えさせる問題もありますので、確実に答えられるように覚えておきましょう。

★その他情報
難易度は?
かなり難しいです。大学院の入試問題レベルですね。近年合格率は資格の種類によって異なりますが、30〜60%程度

就職は?
有資格者に対するニーズは高く、有資格者は昇給・昇格時に優遇される会社もあります。
私の会社は残念ながら関係ありません。

仕事内容は?
高圧ガス製造所の保安にともなう維持・整備、安全性を確保するための保安、指導を行うのが仕事です。



◇ 管理人:廣海 好
◇ ご意見・ご感想:hiromikou@hotmail.com 

やる気を長く維持する方法

やる気を長く維持する方法を紹介します。

資格試験の勉強を続けていると、
必ずやる気(モチベーション)の低下が
訪れる時があります。

ここでは、やる気を高く維持する方法や、
やる気が低下したときの対処方法、
をいくつか解説しますので参考にしてください。

1.目標をいつも見えるところに貼る
いつも見える場所に貼っておいた目標を見る。

これは、毎日やってくださいね。

自分で書いた目標なので、
自分自身に常に確認すると共に、
潜在意識下に目標を刷り込ませる
というすごい効果があるので、
モチベーションが持続しやすくなります。

貼るだけなので簡単ですよね。

2.資格試験に合格した瞬間を想像する
イメージです、想像です。

想像して酔ってください。

合格した瞬間の状況を、ありありと想像するんです。

頑張ってきた結果が出た瞬間が、最も感極まる瞬間ですよね。
ガッツポーズを取っている自分、
友達や家族に喜びの報告をしている自分、
会社の上司に合格の報告をしている自分、
など、ワクワクしてくるまでイメージの
世界に浸りましょう。

それによって、脳の中にαエンドルフィンが
分泌され、やる気が復活してきます。

3.資格を活用する自分の姿を想像する

次は、資格を取得した後の自分の姿です。

それを、ありありとリアルに想像してください。

今よりも自信に満ち溢れている自分、
やりたい仕事を楽しそうにやっている自分、
周りからの信頼を得て、
今まで以上の仕事の成果を出している自分、
など、なりたい自分のイメージを若干
大げさにして想像してみましょう。

体が打ち震えるくらいまで、想像して
リアルに感じてください。

4.後に引けない状況にする

なるべく多くの友達に合格すると公約してしまいましょう。

実はこれが、一番大事です。

他の人に言ってしまうと、
「言ったからには、やらなけいといけない」

という状態になり、目標に対して
強制力を持たせることができます。

強制力の力はすごいので、
活用しない手はありません。

5.常にプラスのことを言うように心掛けるマイナスなことを言う人には近づかないか、無視してください。

メンタルが重要なので、惑わされないように
するためです。

常にプラスのことを言うように心掛けることが大切。

頑張っている人の姿を見て、
冷めた言葉をかける人達がいるのは
どの世界でも同じです。

「何でそんなに頑張ってんの?」
「やってて楽しいの?」
「落ちたらどうすんの?」

こういったことを言う人達は、
間違いなくうまくいかない人達です。

こういう人達は、無視します。

あなたは進化した人物です。
こういう退化した人間は相手に
する必要はありません。

こういう人達と付き合ってても、
まったく良いことはないでしょう。

近付くだけ無駄です。

そして、自分自身でもマイナスの言葉を使わずに、
常にプラスの言葉を使うようにします。

“もう駄目かも・・・”じゃなくて、“まだまだいける”
“できない・・・”じゃなくて、“どうやったらできるんだろう”
“つらい・・・”じゃなくて、“楽しい!”

このように、常に自分の周りをプラスの状態にするようにします。

すると、プラスの結果につながります。

結果というのは、人間の能力ではなく、
「やる気」×「時間」
で決まるからです。

これだけ実践していけば、やる気が下がることはありません。

あとオススメなのは、
自己啓発本(サクセスストーリーなど)を読むことです。

資格取得に限らず、私生活で落ち込みそうなときに
読むと元気が出てきますよ。

以上を実践して、資格試験が終わるまでとは言わず、
常にやる気をもって生活していきましょう。

やるきアップには、こちらもおすすめです。
聞くだけと言う簡単さがいいですね。
↓↓

高圧ガス製造保安責任者試験結果

高圧ガス保安協会の発表によると、
21年度高圧ガス製造保安責任者試験結果は、

出願者数は5万7378人(前年度比4・8%増)、
受験者数は5万1854人(同4・6%増)、

合格者数も2万7210人(同7・0%増)

となり、それぞれ3年連続で前年を上回った。

合格率は52・5%で3年連続で50%台を維持している。


試験の持ち物は以下のとおり、
忘れ物がないようにメモしておきまあす。

電卓

関数電卓OKです。
ただし、公式類、定数等があらかじめ
組み込まれているものはダメですね。

プログラム式、特殊メモリー付、電話帳機能付、
アルファベット機能付、使用時に音がでるものは
使用禁止となっています。



受験票 

当然いります。
写真は自分で貼る必要があります。
サイズは4.5×3.5

そんなところです。

試験概要

高圧ガス製造保安責任者(こうあつがすせいぞうほあんせきんしゃ)は、高圧ガスを取り扱う上で必要な資格。高圧ガス製造保安責任者については、次のようになっており、免状の種類に応じて職務を行うことができる高圧ガスの種類の範囲と製造施設の規模に制限が設けられているものがある。化学責任者、機械責任者、冷凍機械責任者の総称である。高圧ガス製造保安責任者の保有を証明して交付される公文書を高圧ガス製造保安責任者免状という。

区分

化学及び機械
甲種化学・甲種機械責任者
石油化学等コンビナート高圧ガス製造事業所において、製造に係る保安の統括的な業務を行う者に必要な資格で、高圧ガスの種類及び製造施設の規模についての制限はないので、保安技術管理者、保安主任者及び保安係員に選任され、全ての製造施設に関する保安に携わることができる。

乙種化学・乙種機械責任者
石油化学等コンビナート高圧ガス製造事業所において、製造に係る保安の統括的又は実務的な業務を行う者に必要な資格で、高圧ガスの種類については制限はないが、製造施設の規模により、保安技術管理者に選任される場合に限り制限がある。保安主任者及び保安係員に選任される場合の製造施設の規模の制限はなく、これらの条件の下で、高圧ガスの製造施設に関する保安に携わることができる。

丙種化学(液化石油ガス)責任者
主として、LPガスの製造事業所、充てん事業所、LPガススタンド等において、LPガスの製造に係る保安の統括的又は実務的な業務を行う者に必要な資格で、LPガスの製造施設の規模により、保安技術管理者に選任される場合に限りその規模の制限を受けるが、保安主任者及び保安係員に選任される場合は、その規模の制限は受けない。また、所定の経験によりLPガス以外の高圧ガス製造施設の保安係員にも選任されることができ、これらの条件の下で、高圧ガスの製造施設に関する保安に携わることができる。

丙種化学(特別試験科目)責任者
石油化学等コンビナート製造事業所、充てん事業所、天然ガススタンド等において、製造に係る保安の実務的な業務を行う者に必要な資格で、高圧ガスの種類及び製造施設の規模については制限を受けないが、この資格は保安係員のみに選任され、高圧ガスの製造施設に関する保安に携わることができる。

冷凍機械
第一種冷凍機械責任者
主に大型冷凍空調機器を備えている施設、冷凍倉庫、冷凍冷蔵工場等において、製造(冷凍)に係る保安の実務を含む統括的な業務を行う者に必要な資格で、全ての冷凍(一日の冷凍能力に制限はない。)の製造施設に関する保安(冷媒ガスの種類制限はない。以下第二種冷凍・第三種冷凍においても同じ。)に携わることができる。
第二種冷凍機械責任者
主に中型冷凍空調機器を備えている施設、冷凍倉庫、冷凍冷蔵工場等において、製造(冷凍)に係る保安の実務を含む統括的な業務を行う者に必要な資格で、一日の冷凍能力が300トン未満の製造施設に関する保安に携わることができる。
第三種冷凍機械責任者
主に小型冷凍空調機器を備えている施設、冷凍倉庫、冷凍冷蔵工場等において、製造(冷凍)に係る保安の実務を含む統括的な業務を行う者に必要な資格で、一日の冷凍能力が100トン未満の製造施設に関する保安に携わることができる。

試験
高圧ガス保安協会が実施する国家試験で、全国で毎年11月第二日曜日に実施されている。年齢・学歴・実務経験などに関係なく、受験できる。また、甲種化学責任者・甲種機械責任者・第一種冷凍機械責任者試験は担当が経済産業大臣であるため、札幌市、仙台市、東京、名古屋市、大阪市、広島市、福岡市のみで行っており、乙種化学責任者・乙種機械責任者・丙種化学(液化石油ガス)責任者・丙種化学(特別試験科目)責任者・第二種冷凍機械責任者・第三種冷凍機械責任者試験は担当が都道府県知事であるため、全国各地で行っている。


講習
冷凍以外の甲種化学・甲種機械・乙種化学・乙種機械・丙種化学(液石)・丙種化学(特別)は国家試験の一部科目を免除希望の者のみ講習を受けることができる。講習内容は全種類共通で法令、保安管理技術、学識を3日間、各科目それぞれ7時間の講義で行う。検定試験は全種類共通で保安管理技術と学識の2科目のみ行う。法令は実施しないが、3日間の講習を受講しないと検定試験を受検できない。

開催地
甲種 - 年1回開催。4月下旬頃に全国10ヶ所程度で開催予定
乙種 - 年2回開催。2月頃と5月頃に全国15ヶ所程度で開催予定
丙種 - 年2回開催。2月頃と6月頃に全国20ヶ所程度で開催予定

高圧ガス製造保安責任者受験の動機

化学メーカーでの研究職のため、反応機などの高圧ガス設備を使用するため、この資格を取得しておくことが望ましかったわけですが、事業所には有資格者が確保されていました。

入社してすぐ危険物取扱者に合格した後、この高圧ガス製造保安責任者試験の紹介がありました。
 次の年の5月に講習を受けました。
 講習会後の試験で合格すると秋の試験が法令だけになるため、お勧めです。
 秋の試験問題より簡単だと思います。

受験の参考に、次のものを購入しました。
『高圧ガス取締法規集』 高圧ガス保安協会編集・発行
『高圧ガス製造保安責任者試験問題集』 国家試験研究会編

苦手であった反応速度論、熱力学などを前記の物理化学の教科書で勉強しなおしました。

 技術や化学・物理の勉強は、問題集を中心に解答をみながら理解するというやりかたをとりました。

幸い、この年は、どちらかといえば実務面よりも基礎理論に比重が置かれていて助かりました。
ある問題で方程式を解いてスムースに解答できました。

その他、安全面では、実際どうしているかの問がありましたが、経験半分に頭で考えた理想的なことを折混ぜて解答しました。
チェックシート、ダブルチェック等は、今日では当然のことで、官庁の立ち入り監査などでそのような指摘がなされますが、それほど徹底していたとはいえません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。