<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

非破壊検査

「放射線透過試験(溶接部の内部)」
@欠陥を含む材料にX線又はγ線を照射し透過後の放射線の強さの差を写真フィルム上に濃 
 淡の像で現し欠陥の有無や形状を検査する試験方法。
A放射線入射方向と直角な面にある微細欠陥、平面的な広がりのある欠陥の検出には不向き。

「超音波深傷試験(内部)」
@非試験体に超音波を入射したとき試験体に欠陥が存在すると入射された超音波は欠陥によって反射又は散乱する。この超音波の反射、散乱から試験体中の欠陥の有無や形状を検査する試験方法。
A放射線に比べて材料中における減衰が少ないために厚肉の材料での検査にも向いている。

「浸透深傷試験(表面)」
@浸透液が赤色のカラーチェックと蛍光性のものに大別され、非試験体の表面に開口している微小な割れなどの肉眼では発見できない材料の表面の微細な欠陥を見やすくする検査法。

「磁粉深傷試験(表面)」
@非試験体を磁化しその表面又はその近くにある欠陥によって漏えいした磁束を強磁性体の 
 微粉末を用いて検出することにより欠陥の位置や形状を知る。
A非磁性材料には適用できない。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。