<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

溶接関係

「溶接方法3種」
@融接 接合部分に融解金属を生成又は供給して接合する
A圧接 接合部を加圧した状態でガス炎などにより加熱し局部的に融解又は塑性変形させて 
 接合する
Bろう付 接合される母材は融解しないで別の融解した金属(ろう金属)が接合面のすきま
 に表面張力の作用で吸引され、凝固することによって接合される。

「残留応力」
@溶接は材料を局部的にその材料の溶接温度にまで急激に加熱し、そののち急速に冷却させ
 凝固する熱サイクルを伴う。
A加熱冷却に伴う材料の膨張収縮が他の部分によって拘束される。そのため、溶接中の材料
 には複雑な応力変化が生じ溶接完了後に残留応力が発生する。

「応力除去焼きなまし」
残留応力を生じている部分を高温に適当な時間保持しクリープによる塑性変形によって残留応力を緩和する方法。

「溶接欠陥」
高温割れ クレーター割れ、硫黄割れ、溶接割れ
低温割れ ルート割れ、ビード下割れ、ラメラテア
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。